<< シュヴァルの理想宮 | main | セッションライブでした >>

2018.03.23 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -   

2017.08.31 Thursday

2017.8.31

少し時間が経ってしまいましたが、

 

8/16に更新した記事で、ひとまずエッセイシリーズは終了です。

 

ここ数年に体験したり、感じたりしたことを、今年はずっとエッセイ風に書いておりましたが。

 

ひとまず一区切り、です。クリボー

 

 

 

 

ところでブログやSNSでは、楽しそうなことや当たり障りのないことだけを書く、

 

という使い方も素晴らしいと思います。

 

 

しかし私の場合、ストレスを感じたこと・問題提起したいことなどは、むしろ書くべきだ、発信するべきだと思っているかも。

 

(単に自分の場合はそうしたい、というだけ。そうしない人を否定しているわけではないです)

 

 

もちろん発信する前に、しっかり自問し、

 

それがただの愚痴や不平不満なのか、それとも、建設的な問題提起として他の人ともシェアしたいものなのか、

 

前者の場合は発信しませんが、後者の場合なら、僕は発信したいと思ってます。

 

 

例えば、もしイジメや人種差別などを目撃した場合、、、

 

やはり僕は、「これはおかしい」「これはやめるべき」と発言したいと思う。

 

そういう発言をしない、穏やかで平和的な生き方も、もちろんアリだと思いますが。

 

(※ただし、そういう発言をしたら処刑されるような世の中の場合、そう簡単には発言できないと思います。あと、不用意に発言しすぎて、変な人にからまれて被害を受けないよう、気をつけるべきだとも思ってます)

 

 

 

 

ちなみに、私が「これはおかしい」「これはやめるべき」と感じることには傾向のようなものがあり(笑)、それは、

 

(1)何か一つの見方や感じ方や価値観を、全ての人に共通する真理・正義・常識(良識)だと思い込むこと

 

(2)人や音楽のほんの一面しか見ないで、(時には先入観やイメージで)、その人やその音楽を完璧に分かったつもりになってしまうこと

 

(3)たくさんの人達を、たった一つの共通項で一括りにカテゴライズし、そのカテゴリーの中の人は皆同じだと思い込むこと(※国籍、人種、年齢、職業、収入など)

 

(4)「クラシック=真面目」「ロック=騒々しい」「メール・SNS=心が込もらない」「ゲーム・アニメ=教育に悪影響」「電子楽器=非人間的」「人工・科学=地球や人体に害悪」みたいに、ジャンルやツールで決め込んでしまい、個々の中身・内容を吟味しないこと

 

(5)一つの失敗例や成功例や幸福論などを、誰にでも当てはめて普遍化・一般化してしまうこと

 

(6)誤解・偏見・思い込みに基づいて、他者を見下したり説教したり叩いたりすること(※冤罪とかも含む)

 

 

 

だいたい、そんな感じです。

 

個人的には、上記のような短絡的かつ一面的&理屈っぽい感じは、苦痛でしかない(笑)

 

僕は、「(他者のことは)完璧には分からない」「(何が良いか悪いかは)完璧には断定できない」と、素直に認めていたいと思う。。

 

 

上記(1)〜(6)のようなことは、自分一人で勝手に思い込んでいるなら問題ないのですが、

 

人にまで共感・同意を強要したり、人に押し付けたりするのは、(本人に悪気や故意がなくても)、私はストレスを感じます。

 

 

 

 

どう生きたいか・何を心地良いと感じるかなども、日々、新たに探求していくものだと思っている、

 

なので、道徳的なことや価値観的なことの「完成」や「正解」や「真理」は、いまいち断定しにくいです、(※もちろん個人の意見です)

 

暫定的な「完成」はあり得るけど、永続的かつ普遍的な「完成」「正解」「真理」は、僕は無いのでは?と感じてます。

 

それは自信が無いということではないし、自分の意見を持たない(or持つな)ということでもないですが。

 

 

 

 

こういうエッセイとか書いていると、そこそこ気難しく見られることもありますが、

 

むしろ個人的には、ユルい感じが好きです、

 

この世に完璧な人間などいないし。

 

あまりにも他者の発言や価値感を監視して、まるで鬼の首を取ったように厳しく取り締まりすぎる風潮は苦手です。

 

 

…と言うか、そのように思っているからこそ、

 

考え方・感じ方の正解を断定しすぎたり、他者の内面・性格を断定しすぎたり、人間や音楽のあるべき姿を断定しすぎたりするのが、好きではないのかも。

 

 

何の問題も無いような人を、いちいち難癖つけて非難したり、上から目線で見下したり、

 

「人間や音楽はこうあるべき・こう考えるのが常識」みたいな意見を、他者に強要しすぎる人を見ると、

 

何様のつもり?とさえ思います。

 

(※強要ではなく、推奨や提言くらいなら全く問題無し)

 

 

 

 

もちろん、「絶対に人のことを非難してはダメ・批判してはダメ」ということではなく。

 

例えば迷惑行為・暴力行為・差別思想などは非難して良いと思うし、あまりにも傲慢・独善・怠慢などの言動も、批判しても良いと思う。

 

(※あと、明らかに事実でないことを信じ込んでいる誤解・思い込みなども、非難というか、指摘して良いと思う)

 

 

他者の価値観・見方・感じ方等を、無理してまで認めたり好きになったりする必要もないと思いますし、時には、他者に意見・批判を言っても良いと思いますが、

 

でも、もう少し、人それぞれ自分らしく生きたり感じたりするのを許容してあげても良いのではないか?

 

あまりにも自分だけが正しいと思い込まないほうが良いのではないか?

 

などと感じる時も多いです。

 

 

それは、「人のことを尊重せよ」とか「人のことを思いやれ」とか、そういう感じとも少し違うです、

 

例えば僕は、「食べ物の好みは人それぞれ違う」と思っていますが、それは別に、人のことを尊重しているからでもなく、思いやりで言っているわけでもなく。

 

「人それぞれ違うのが自然だし当たり前」と思うから。

 

価値観や感性や、ものの見方・感じ方・考え方なども、私にとっては同じことです。

 

 

 

 

…しかしながら、我々動物には生来の防衛本能・生存本能があるだろうし、限られた狭量な視野&エゴイスティックなのも自然なことなので、

 

ごく普通の人間であれば、ある程度、無知で利己的で排他的なのは当然だとは思っている、(自分も含めて)

 

 

そういう、人間が生来持っている無知や傲慢や、利己心や排他性や、先入観・思い込みなどを、

 

一切気にしない(or気付かない)のが、人としては度量が大きいとも言えるかもしれませんが、

 

ただし裏を返せば、そういうことに「気付けない(気にしない)」ということは、自分では無意識のまま、誰かや自分自身を傷つけている可能性も高い。。

 

 

 

 

人権や多様性を重んじるあまり、ピリピリして気難しい感じの人間になってしまうのはもちろん嫌だけど、

 

でも何も気づかず、悪びれもなく、無意識的に、差別や強要やレッテル貼りをするような人間になるのも嫌。。

 

 

なので、個人的には…、ほどほどにストイックに人権や多様性を重んじつつ(笑)、

 

同時に、自分を含めて誰しも、無知・偏見・狭量・短絡的・不完全・利己的な部分も持っていることを認め、

 

むしろ、そういうところにも親しみや労りや連帯感を感じる…、

 

(あるいは諦観や受容を感じたり…、時には偏った偏見や誇大妄想に、大いに面白さ・頼もしさ・パワー等も感じたり…)

 

 

そんな感じの心境かもしれません。

 

少なくとも、今のところは。

 

 

(※行き過ぎた義憤や問題提起というものは、独善的になってしまいがちなことも承知しています。なので、そこらへんはバランスというか、常に自分自身をチェックしながら…。意見を言ったり書いたりする時も、「自分は今、ただ単に誰かを責めたいだけではないか?」とか、「自分は今、物事や人物のほんの一例(一面)を見て、それを普遍化・一般化していないだろうか?」とか、「自分は今、自分自身の狭量さも反省しながら意見を言っているのか?」とか、「そもそもこの義憤や問題提起自体、私の偏見ではないのか?」などと、自問しながら…。自分自身に対して、常に疑いや批判精神も持っているつもり)

 

 

 

 

上記のような自問自答を、あえて人目に晒される場で、僕は書き記したいとも思ってます。

 

文章は決して上手くないし無駄も多いしスマートでもないが、そこは、あまり気にしていない(爆)

 

というわけで2017年の1月から、ほぼそういう内容の記事ばかりでした。(あらかた書き終えた)

 

 

 

 

さて、話は変わって、

 

数ヶ月以内に、自分の新しい音楽プロジェクトをお知らせ出来ると思います。

 

たくさんの方の強力な協力を仰ぎつつ、楽曲製作中です。マリオ

 

 

宮沢賢治シリーズ以降は新作をリリースせず、自分なりに色々と探求・勉強・研究していましたが、

 

その成果的なものの第一弾を、お知らせ出来ると思います。

 

何とか今年以内にお届け出来ればと思うのだが…!?

 

 

 

 

【Twitterアカウント】

https://twitter.com/ymst_music

2018.03.23 Friday

スポンサーサイト