<< 2017.5.31-2 | main | 2017.6.10-2 >>

2020.04.18 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -   

2017.06.10 Saturday

2017.6.10-1

前回記事の続きですが、この記事だけ読んでも意味は通じます)

 

良く聞くのですが、いつも「本当だろうか?」と疑問を持ってしまう発言がある。

 

それは例えば、「(人と人は)一緒に酒を飲めば分かり合える」、「目を見て話せば分かりある」、「メールでは心が伝わるわけない」みたいな(?)、

 

要は、表現方法やコミュニケーションの種類・ジャンル・ツール自体で、その中身や質までも決め付けてしまうような発言。

 

 

そういうのは、「生楽器の演奏はあたたかい」、「テクノやシンセや電子音は冷たい」、「アドリブ演奏は自由で直感的なもの」、「楽譜を見て演奏するのは不自由で理屈っぽいこと」、「メトロノーム通りのリズムは機械的・非人間的・心が無い」、「ハグや握手やタメ口は心がオープン」、「お辞儀や丁寧語は心が閉鎖的で愛が無い」、「ポップスは自由」、「クラシックは真面目」、「ゲームやアイドルの曲は下らない」、「男(女)は皆こういうもの」、「子供(老人)は皆こういうもの」、「音楽家は皆こういうもの」、「成功者は皆こういう思考回路」、「CDやダウンロードには心が無い」、「ライブ演奏なら心が伝わる」、「文章や言葉では気持ちは伝わらない」、「○○人は皆こういうもの」、etc…、

 

というのと同じで、ほとんど差別か偏見か、あるいは短絡的な決め付けではないかと思われてしまう。

 

(上記の意見、どれも私の創作ではなくて、今までに、実際に誰かが言っていたこと。心の底から、上記のようなことを信じ込んでいるようでした。まったく思考停止というか、感性停止というか、差別的というか、上辺や先入観だけで判断しすぎというか…)

 

 

 

 

人それぞれ、どんな考え方やどんな価値観を持っていても自由だと思います。

 

そもそも私は、誰かが自信満々に話したりする様子は、全然嫌いじゃないですし。

 

(↑むしろ、好きですらある。愛しくも感じるし、頼もしくも感じるし、思わず応援したくなったりもします)

 

…でも、そうは言っても、自分の見方や意見や感性に「自信満々」になりすぎるあまり、あまりにも差別的・排他的・攻撃的になってしまうのは、あまり良くないのではないか?とも思うわけです。

 

 

 

 

私は個人的には、

 

作品や表現やコミュニケーションの種類・媒体・方法・ジャンル・メディア・ツール等によって、その中身や質が決定されてしまうわけではないと思っている。

 

例えば、メールやSNSで、誰かの優しさやユーモアにほっこりすることも多々あるし、

 

逆に、実際に対面して話したり、一緒に酒を飲んだりしても、いつも必ず心が通じると感じるわけでもないし。

 

生楽器や民族楽器にだって、冷たくて「無機的」「無感情」な表現は可能だし、

 

テクノやシンセや電子楽器にだって、ドラマティックな表現や、あたたかくてコミカルだったりする表現も可能だと思うし。

 

知識や理論に基づいたアドリブ演奏など、山ほど聞いたことがあるし、

 

逆に、楽譜に書かれていることが、理論では解明できない直感・インスピレーションに基づいたものも、山ほど見たことある。

 

70代・80代の作曲家の曲が激しい曲調なんて全く珍しくないし、

 

10代・20代が静かで瞑想的な曲を書くのも、全く珍しいことではない。

 

行動的で好奇心旺盛な老人も珍しくはないし、

 

消極的で好奇心の乏しい子供も全く珍しくはない。(どっちが良い悪いじゃなくて)

 

 

 

 

人間も、音楽作品も、コミュニケーションも、

 

ジャンル・表現メディア・楽器の種類・言葉遣い・表情・服・ルックス・職業・収入・人種・国籍・性別・年齢などは、

 

その人間の内面や、その作品の中身や、そのコミュニケーションの中身を、判断する材料にはなるだろう。

 

でも、それのみで、100パーセント(中身を)断定することは出来ないと思う。

 

 

 

 

…そもそも、他者のことも、音楽作品のことも、100パーセント誤解なく理解したり、100パーセント誤解なく鑑賞することは、私は不可能だと思っています、

 

私は私の狭い目線でしか見れないし、私の感性や解釈でしか受け取りようがないので。

 

 

とは言え私が言いたいのは、「どうせ人と人は分かり合えない」という主張ではないです、

 

そうではなく、「人と人は、100パーセント誤解なく分かり合うのは難しいからこそ、言葉・コミュニケーションを大切にしたいし、人の内面や性格をあまり分かったつもりになりすぎたくないし、相手の主張・気持ちを(完璧には分からないまでも)丁寧に想像したい」、

 

そういう主張です。

 

 

 

 

何百年か昔は、奴隷や人種差別も当たり前だったが、今現在は、多少は改善されてきているように、(まだまだ課題は多いだろうが)、

 

それと同じように、何百年か後には、表現方法やコミュニケーションのジャンル・媒体・ツール自体で、その中身や質を決め付けてしまうのも、「差別的なこと」「愚かしいこと」という認識が広まれば良いと、個人的には思っている。

 

 

 

 

そんなわけで、表現方法の種類やジャンルやツール自体は、信頼しすぎてもいけないし、見下しすぎてもいけないと思っている。

 

大事なのは、その都度その都度の「中身」だと思うので。

 

なので、「一緒に酒を飲まないと分かり合えない」とか、「メールやSNSでは心が通じない」とかいうのも、表現手段・コミュニケーション手段そのもので、その中身まで決め付けすぎに思われるのだ。(´・_・`)

 

 

 

 

ツール自体を全否定して良いのは、例えば武器とか兵器とか拷問用具とか(?)、明らかに人を殺す意図で作られたようなものだけではないか?

 

「ナイフ」や「爆弾」ですら、美味しい料理を作るためだったり、工事をスムーズに進行させるために役立つ、

 

まして音楽表現の方法や、コミュニケーションの方法・手段など、

 

その種類・方法・ジャンル・メディア・ツール自体を全否定して良いものなど、一つも無いと思うのだが。

 

 

全否定して良いツールも、全肯定して良いツールも、一つも無いと思っています。

 

(「このジャンル・このメディア・このツールは必ず素晴らしい」というものは無いし、「このジャンル・このメディア・このツールは必ずクズ」というのも無い)

 

大事なのは、その都度その都度の中身・内容・雰囲気・使い方・言い方・表現の仕方だと思う。

 

 

 

 

もちろんツール・ジャンルの違いにより、伝えやすい内容・雰囲気には、違いがあるとは思う、

 

だからと言って、発言(作品)の内容や雰囲気というものは、ツール・ジャンル・表現手段によって、100パーセント決定されてしまうわけではない。

 

その都度その都度、一つ一つの作品・一つ一つの表現・一つ一つの発言・一つ一つの振る舞いを、ちゃんと吟味するべきだと思う。

 

 

 

 

P.S.

 

武器や兵器や制服も、人間が作ったものである以上、美しさを感じさせることもあると思います。

 

射撃や格闘技のような世界も、スポーツや芸術と同じような精神集中が必要な場合もあるだろうと思います。

 

したがって、(私自身は興味ありませんが)、そういうものを好きな人が、必ず100パーセント暴力的な内面なわけはない、と思っています。

 

 

…ちなみに、それに似た感じで(?)、「音楽を好きな人に悪人はいない」とか「若い頃スポーツに取り組んだ人は礼儀正しくて人間性が良い」とか、たまに言われますが、

 

僕は、そんなことは無いと思う。

 

(あと、「芸術は情操教育に役立つ」とか「音楽を聞けば心が安らぐ・優しくなる」とかも、必ずしも言い切れないと思う)

 

例えばヒトラーとか、音楽が好きだったし、絵を描くのも上手でしたし。

 

 

 

ついでに言うと、誰かの演奏や作曲を聞いて、「この人は魂が綺麗」とか「この作者はこういう性格」とか、

 

まるでエスパーかスピリチュアルカウンセラーのようなことを言う人もいますが(笑)、

 

もちろん、そういうことを言って良いと思うのですが、(私も言うし)

 

でも、あまりにも、そういうことを信じすぎてしまうのは、僕は良くないと思っている。

 

でないと、

 

「演奏や作曲やスポーツが得意な人は、魂・精神性・人間性・生き方・考え方・創作姿勢・エネルギーが素晴らしい」

 

「演奏や作曲やスポーツがイマイチな人は、魂・精神性・人間性・生き方・考え方・創作姿勢・エネルギーが悪い」

 

そういう風潮にもなってしまう。(もう、結構なってるけど)

 

でも僕は、必ずしも、100パーセントそうは言い切れないと思っています。

 

作品や演奏(プレー)というものは、たしかに、その人の人格やセンスが現れますし、取り組む姿勢や努力も大事なことは言うまでもありませんが、

 

作者(演者)の内面や努力が、必ず100パーセント、作品や演奏(プレー)に直結するとは言い切れないと思います。

 

例えば、ものすごく意地悪で差別的でエゴイスティックな人の作品で、とても優しい感じがする作品とか、

 

その逆に、穏やかで温厚な人が、非常にドラマティックで激しい表現をするとか、

 

気性の激しい人が、まるで瞑想しているかのような、静かな表現をする瞬間もあるでしょうし、

 

あるいは、ポジティブに取り組んでいる人の演奏がイマイチだったり、その逆の例なども多々ありますし。

2020.04.18 Saturday

スポンサーサイト