<< 近況 | main | 謹賀新年 >>

2016.12.26 Monday

シューベルト「若い尼」、その他の雑感

こんばんは。めたるすらいむ

 

今日の記事は、Twitterで呟いたことのまとめ的な内容です。

 

楽曲紹介。シューベルト作曲「若い尼」という歌曲についてです。

 

プラス、即興的な雑感あれこれ。

 

(Twitterやってます。お気軽にFollow me!)

https://twitter.com/shimpei_yama8

 

 

 

 

さて、私がシューベルト歌曲で最も感動したのは、「若い尼」という曲です。

 

主人公の心情吐露・魂の遍歴が泣けるし、その詩に作曲したシューベルトのインスピレーションが、神懸かり的に見事!

 

色々と生きにくかった(笑)高校生頃に聞いて号泣し、私も一生音楽やろうと思った曲です。

 

もしよろしければ、歌詞対訳を見ながら聞いてみて下さい。

 

 

 

「若い尼」歌詞対訳、こちらからご覧になれます。

http://www.damo-net.com/uebersetzung/schubert/d828.htm

 

 

 

 

詩の心情・情景を、音楽が完璧に具現化していて見事!

 

(例えば鐘が鳴るシーンでは、ピアノ伴奏が、まさに恍惚として鐘が鳴り響いて聞こえる、とか)。

 

曲の開始は、嵐が吹き荒れる絶望的な状況・心境だが、

 

しかし後半、身も心も昇華されていくような内容に、心情的にも音楽的にも、私は大いに共感・感動したものです。

 

 

詩も感動的ですが、むしろ音楽的な内容や雰囲気に、身も心もどうにかなりそうなほど共感し、高校生頃、毎日聞いてました。

 

この歌曲や、あとシューベルト「即興曲」1曲目とか5曲目とか、(D899-1とD935-1)、図々しくも、私の心がそのまんま音楽になっていると感じ、救われたようにさえ感じた。

 

 

ちなみにクラシックの歌曲は、まず詩があって、あとで曲が付けられるのが普通です。(ポップス・ロックは逆)。

 

なのに、この完成度!

 

奇跡的な作曲能力としか言えない。

 

一つ一つのメロディー、一つ一つのコード進行が、ただ単に素晴らしいだけでなく、詩の情景・心情・世界観と見事に一体化していると思います。

 

 

…ところで、こうやってクラシック作品を語ると、山下は真面目だとか、勉強になりますとか言われたりもしますが、

 

私にとって音楽は、そんなお行儀の良い綺麗なものじゃあないです。良くも悪くも。

 

この「若い尼」も、客観的に褒めているのではなく、まるで私自身のことを歌っていると錯覚するほど、主観的に同化しています。

 

 

アニソンでもアイドルでも、ポップスでもロックでも、メタルでもクラシックでも、(その他何でも)、

 

私にとって、惹かれる曲は、理屈抜きでカッコイイ・官能的だと感じる曲ばかりだし、救われたようにさえ感じる時も多いし、まるで自分自身の心そのもののように同化してしまうし、

 

もっと言えば、自分や世界を全部ぶっ壊してくれるような感触もある。

 

(整った綺麗なだけの作品・健全でポジティブなだけの作品には、あまり惹かれないし、共感することも少ないかも)。

 

 

とは言え、かようなことを言いつつ…、

 

日常での人間関係は、私は、ごく普通に礼儀正しくいたいなーと思うのだが。

 

アートやエンタメから感じる官能とか、無心・無我っぽい感覚とか、救われるような感覚とか、自己と作品の同化とか、自分なりのこだわりとか、価値観や自己の崩壊・破壊とか…、

 

全て個人的なものであって、人様に理解・共感を強要するものでもなし。

 

(というか、私は基本コミュ障気味なので、ごく普通に楽しく礼儀正しく人と接することが出来れば、それだけで御の字まである!)

 

 

もちろん「自分の想いや考えは一切話しません」なんてことはなくて、縁あって誰かと音楽談義をするような時間に恵まれれば楽しいし、自分なりの感じ方・考え方を話しますが、

 

でも、お互いの意見・感想・感じ方は、無理してまでお互い理解させようとか、共感させようとか、絶対に分かりあおうとか、思いすぎることもないと思ってます。

 

 

そもそも、お互いがどう感じているかということは、言葉というツールが不完全である以上、完璧に誤解なく理解することは不可能でしょうし、

 

相手の性格・相手の内面・相手の感じていること等も、あまり完璧には分かったつもりになれない。

 

 

※もちろん言葉だけではなく、音楽も絵画も不完全な表現ツールだと思うし、

 

笑顔・握手・会釈などの表情や動作も、本心からオープンにやっていても、時には「作り笑い」「嘘くさい」と誤解されたりもする。

 

 

…要は、完璧に誤解なく気持ちを伝える表現ツールはこの世に無いと思うので、その都度その都度、心を込めて表現しようとするくらいしか出来ないと思う。

 

そして、もし誤解されてしまった場合も、そんなに気にすることもなく。

 

人間というものは、自分の解釈・自分の見方・バイアス的な色眼鏡でしか物事を見れない存在だと思うので、(もちろん私も)

 

音楽であれ、言動であれ、表情であれ、どう正直に表現しても、誤解されたり誤読されたりすることも、仕方ない気がします。

 

 

もっと言えば、自分が理解されること・共感されることを、あまり期待すべきでもないし、第一目的にすべきでもないと思う。

 

いちばん大事なのは、自分が理解されるかどうかではなく、

 

自分なりに思い付いた言葉や音楽や表情・行動を、正直に表現することだと思っている。

 

でないと、発言や行動の動機が、他者の評価・好評・同意を得るためになってしまいがちだと思うので。

 

…以前にも、似たようなことを書いた記憶もあるが。

 

 

社会性や相互理解も大事だろうけど、あまりにも、他者や世間に合わさせようと仕向けすぎるのではなく。

 

皆それぞれ、「自分」という存在も、ちゃんと大切にしても良い雰囲気作りが、私は好ましいですね。

 

(誰かと意見・感じ方・考え方が異なることが、イコール、その人と「仲が悪い」ことだとは思えないし、誰かに異論・反論を言うことも、イコール、その人を全否定しているとか、その人をディスってるとか、その人への愛が無いとか、そういうふうにも思えない。…逆に言えば、「仲が良い」ということは、必ず100パーセントお互いの意見・感性・性格・価値観が同じでもないはず)。

 

 

話が二転三転とそれましたが、本日はそんなところです。

 

 

 

 

 

P.S.

 

当ブログで、以前、シューベルトのピアノ曲を中心に記事を書きました。

 

コチラです。

 

かなり力を入れて書いた記事です、

 

もしよろしければ、あわせて読んでみて下さいませ。

2017.12.10 Sunday

スポンサーサイト