<< 久々にアニソン鑑賞 | main | マーラー聞いてます >>

2016.09.20 Tuesday

コピーバンド

こんばんは。

 

ブログ久しぶりですが、生きております、生存しております。マリオ

 

本日、二度目の更新です。

 

 

 

 

さて先日、Within Temptationのコピバンに誘われ、リハにお邪魔してきました。(※オランダのメタルバンド)

 

シンセ弾いてきましたー。

 

ちなみにWithin Temptationは、かなりシンフォニックなサウンド。

 

オーケストラパートを、キーボーディスト一人で再現できるわけはないのですが、

 

あれこれシンセの機能を工夫して、可能な限り忠実に再現ゥ〜!

 

 

 

 

コピーした曲、その1。

 

ヴォーカルの歌声・表情が魅力的だし、曲も、不思議に耳にこびりつく!心に忍び込む!

 

 

 

 

 

 

 

コピーした曲、その2。

 

この曲、今までそんなに好きでもなかったのだが、実際に弾いたら、めちゃ燃えた!めちゃ萌えた!

 

泣ける感じのサビは、高速ストリングスとホルンが鳴り響いていて、最高です。

 

普段はチェンバロ命の私ですが、たまには、ストリングスや金管を大音量で弾くのも、実に爽快でした。

 

 

 

 

 

 

上記2曲の他にも、数曲やりましたが。

 

ちなみにWithin Temptationの個人的印象としては、、、

 

器楽的な展開や、中世ゴシック風味が大好物の私としては、楽曲に、やや物足りなさを感じるけど、

 

でも、歌メロとヴォーカルの魅力は、なかなか素晴らしいのではないか?

 

という感じです。

2017.10.09 Monday

スポンサーサイト