2019.02.10 Sunday

インフォメーション

(※通常のブログ記事は、この記事の下です)

 

Twitterアカウント

https://twitter.com/ymst_music

 

 

【作品試聴(YouTube)】

 

「時は来たれり」(Japanesque metal)

(作詞作曲:山下晋平、Vocal:keiichi)

https://youtu.be/JkhwvDwfzDk

 

「誇りと魂の挑む先に」(Symphonic metal)

(作詞:伊藤道大郎、作曲:山下晋平、Vocal:伊藤道大郎、三上響子、天鶴)

https://youtu.be/_ch35_ntgsU

 

「生徒諸君に寄せる」(歌曲)

(作詩:宮沢賢治、作曲:山下晋平、Vocal:望月裕央)

https://youtu.be/n9-9HlteLDs

 

「氷砂糖をほしいくらいもたないでも(注文の多い料理店より)」(歌曲)

(作詩:宮沢賢治、作曲:山下晋平、Vocal:望月裕央)

https://youtu.be/m7Z8FXG6UmA

 

「松の針」(歌曲)

(作詩:宮沢賢治、作曲:山下晋平、Vocal:望月裕央)

https://youtu.be/ml_Z6rlm_f4

 

「氷砂糖をほしいくらいもたないでも(注文の多い料理店より)」(歌曲)

(作詩:宮沢賢治、作曲:山下晋平、Vocal:森圭一郎)

https://youtu.be/hPD428BUKnA

 

「雨ニモマケズ」(歌曲。ギター伴奏バージョン)

(作詩:宮沢賢治、作曲:山下晋平、Vocal:森圭一郎)

https://youtu.be/ePdTjJq2f-4

 

「雨ニモマケズ」(歌曲。ピアノ伴奏バージョン)

(作詩:宮沢賢治、作曲:山下晋平、Vocal:望月裕央)

https://youtu.be/7dRI4NTNr7Y

 

 

 

【作品試聴(Sound Cloud】

 

Sound Cloudではピアノソロ曲を8曲、お聞きいただけます。

https://soundcloud.com/shimpei-yamashita

 

 

 

【CDリリース情報(Amazon)】

 

CD「宮沢賢治歌曲集」(望月裕央&山下晋平)

全12曲。宮沢賢治の詩による歌曲が6曲と、ピアノソロ曲が6曲。¥2,500。

https://www.amazon.co.jp//dp/B008TSPHQC/

 

CD「雨ニモマケズ」(森圭一郎&山下晋平)

全3曲・シングルCD。宮沢賢治の詩によるソング集。¥1,000。

https://www.amazon.co.jp//dp/B0078KY7MM/

 

CD「静寂の庭」(山下晋平)

全10曲。ピアノソロ曲集。¥2,600。

https://www.amazon.co.jp//dp/B000UMX6AE/

 

(※全曲、山下晋平による作曲)

 

CDはAmazonの他、全国タワーレコード、HMV、新星堂、TSUTAYA等、有名店舗にてお求めになれます。(店頭に置いていない場合、注文すれば取り寄せ可能です)。もしくは、山下までメールにてご注文下さい。

 

(※「静寂の庭」のみ、現在、流通が滞っているようです。お求めの場合、山下までメール頂ければ幸いです)

 

メールアドレス

arsantiqua_mail☆yahoo.co.jp

 

(↑お手数ですが、☆を小文字のアットマークに変えて下さい。件名に「CD注文」、メール本文にお買い求めになりたいCDタイトルと枚数を、記載お願いいたします。数日以内に返信いたします)

 

 

 

【楽譜】

 

■「宮沢賢治の詩による六つの混声合唱曲 雨ニモマケズ」

(作詩:宮沢賢治 作曲:山下晋平)

 

■「宮沢賢治の詩による六つの女声合唱曲 雨ニモマケズ」(混声3部対応)

(作詩:宮沢賢治 作曲:山下晋平)

 

どちらの楽譜も、ヤマハなど全国の楽器店にて注文すれば取り寄せ可能です。楽器店にて、ご注文する冊数・楽譜タイトル・作曲者名・出版社名をお伝え下さい。(出版社名は「キックオフ」です)

 

ネット・メール・電話での注文なら、出版社キックオフから可能です。

 

有限会社キックオフ(Chorus Score Club)

tel 0463-36-6933

 

 

 

【連絡先・その他】

 

Twitterアカウント

https://twitter.com/ymst_music

 

メールアドレス

arsantiqua_mail☆yahoo.co.jp

(☆を、小文字のアットマークに変えて下さい)

 

山下への依頼・連絡などは、上記メールアドレスからお願いいたします。

(Twitterのダイレクトメッセージやリプライでも可)

数日以内に必ず返信致します。

2019.02.10 Sunday

お知らせ

こんばんワニ!🐶

 

今日は一つお知らせです。

3月公演のオリジナルミュージカル「ルピカの魔女試験」の、作曲を担当させて頂いてます。

 

ミュージカルスクエア定期公演「ルピカの魔女試験」

2019年3月27日(水)・28日(木)

 

↓公演内容や日時の詳細、チケット購入方法などは、こちらをご覧下さい。

http://www.musical-square.com/jouen_201903/

 

(※チケットの売れ足は早いそうなので、もしご興味ある方はお早めにお申し込み下さい!)

 

 

ちなみに私、ミュージカルは昔から大好きで、(もちろん作品や楽曲にもよりますが)

映画化された作品のみならず、昔から、たまに劇場に観劇に行ったりしていました。

 

今回、はじめてミュージカル公演の作曲を担当させて頂く運びとなり、嬉しい限りです。

 

ちなみに、ミュージカル映画になっている作品で、ざっと好きなものをあげると、

「ヘアスプレー」「RENT」「塔の上のラプンツェル」「アナと雪の女王」「ムトゥ 踊るマハラジャ」「レ・ミゼラブル」「オズの魔法使い」「リトルショップオブホラーズ」、

などなど。。

 

上記の他にも「ハイスクールミュージカル」の1や2も、本当に素晴らしい楽曲とハーモニーだと思います。

 

あと、映画化はされていないようですが、「モーツァルト!」の楽曲にも心底感動しましたね。

 

あと「ミュージカル」とは言えないかもしれませんが、アニメ「ラブライブ!」なども、物語の中で登場人物達が歌うシーンが多々あり、

偶然に第一話を見た時などは、あまりの素晴らしさに心打たれ、椅子から転げ落ちてしまったほどです。

 

お知らせだけのつもりが、ついつい好きな作品を羅列してしまいましたが(笑)

今日はそんなところです!

 

【Twitterアカウント】

https://twitter.com/ymst_music

2019.01.12 Saturday

明けましておめでとうございます

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

ここ最近は、作曲作業に没頭しておりました。

とあるミュージカル公演の作曲を担当させて頂くことになり、その作編曲や、

とあるシンガーさんのストリングスオーケストラのアレンジなど、、

 

好きな分野での作編曲なので、張り切って曲作りしてます。

年末年始は合唱指揮の仕事も無いので、ほぼ缶詰状態で作曲していました。

没頭しすぎて、このブログの存在を忘れておりました。

 

ちなみに近年は、ブログよりもツイッターで近況報告させて頂いています👽

https://twitter.com/ymst_music

 

諸々、ご案内できる段階になりましたら、またお知らせさせて頂きます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

 

P.S.

 

一つ前の記事「ピアノカバー」に、一つ曲を追加しておきました。

植松伸夫さん作曲の「妖星乱舞」を、パイプオルガン音色で弾いてます。

 

ちなみに私、中高生頃、初期ファイナルファンタジーの音楽には夢中になりました!

「ゲームミュージック」として好きなわけではなく、

ジャンル関わらず、あらゆる音楽の中で最も好きな部類。。

 

↓ここにも貼っておきます。よろしければ聞いてみて下さい🙈

https://twitter.com/ymst_music/status/1041671840748363776

 

2018.08.17 Friday

ピアノカバー(追記あり)

こんにちワン🐶

 

ブログ更新は久々ですが、生きております、生存しております。( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

最近はTwitterで日常のことを呟くことが多く、こちらの更新は極端に減っております。減じております。

 

【山下twitterアカウント】

https://twitter.com/ymst_music

 

 

ところで最近、ピアノ(キーボード)で様々な曲をカバーしてます。

 

音質・画質は拘らず、気軽に公開しております。晒しております。

 

曲作りの勉強にもなるし、好きな曲を弾くことは、やはり楽しいものです。(今後も続ける)

 

いずれ、もっと良い音質・画質でフルコーラス弾き、Youtubeなどにアップしようかと目論んでおります。企んでおります。

 

 

今のところ、下記の5曲。

 

もしよろしければ聞いてみて下さい。(Children Of Bodomは、私の歌入り!?)

 

■TM NETWORK「Get Wild」

https://twitter.com/ymst_music/status/1020308250909028354

 

■アニメ「はたらく細胞」主題歌

https://twitter.com/ymst_music/status/1021689832848809985

 

■Arch Enemy「War Eternal」

https://twitter.com/ymst_music/status/1022829260585631744

 

■Children Of Bodom「Children Of Bodom」

https://twitter.com/ymst_music/status/1028951481544716288

 

■植松伸夫「妖星乱舞」(ファイナルファンタジー6より)

https://twitter.com/ymst_music/status/1041671840748363776

 

 

上記どの曲も、Youtube内でアーチスト名と曲名で検索すれば、原曲の音源やライブ映像が見つかると思いますので、もしご興味ある方は。

 

ちなみにArch EnemyとChildren Of Bodomと植松伸夫さんは、私はとても好きですね。

 

何とも素晴らしい曲だなと思います。

 

↓Arch Enemy「War Eternal」は、公式PVありましたので、貼っておきます。(私のピアノカバーは、イントロ省いています)

 

2018.03.23 Friday

新曲公開

こんにちワンDOG

 

ブログ久々ですが、生きております、生存しておりますクリボー

 

さてソロプロジェクト「Ars Antiqua」にて、新曲を公開しました。

 

 

ぜひお聞きいただければ嬉しいです!

 

そして公開曲の第一弾のほうも、もしよろしければ聞いてみて下さい!

 

 

今のところ上記2曲です。

 

今現在の自分の限界に挑み、新しい目標や課題など見つけることも出来ました。

 

また気持ちを新たに、次の創作の構想を練りたいと思います。

 

【山下Twitter】

https://twitter.com/ymst_music

 

(フォローお気軽に!)

2018.01.28 Sunday

ソロプロジェクト

今年もブログ更新少なめですが、生きております、生存しております。。すらりん

 

さて先日、自分のソロプロジェクト「Ars Antiqua」を立ち上げました!

 

クラシックとシンフォニックメタルの融合を基調に、自分なりの理想の音楽を追求・発表していきたいと思います。

 

曲も1曲、公開しましたので、ぜひお聞き下さい!

 

「時は来たれり」という曲で、作詞も作曲も私です。

 

 

もしよろしければ、応援・拡散などして頂ければ嬉しいです!マリオ

 

【山下Twitter】

https://twitter.com/ymst_music

 

【Ars Antiqua公式Twitter】

https://twitter.com/arsantiqua_ymst

 

【Ars Antiqua公式サイト】

https://arsantiquaofficial.wixsite.com/ars-antiqua​

2018.01.01 Monday

謹賀新年

明けましておめでとうございますDOG

 

昨年は新しい出会いに恵まれた一年でしたし、長年の付き合いの方とも、これまで以上に仲が深まったようにも感じています。

 

いつもありがとうございます。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げますお願い

 

 

さて年末年始は、私は個人プロジェクト始動に向けて、最後の追い込み的な作業に励んでおりますクリボー

 

遠からず何かしら発表できると思います、

 

またご報告させて頂きます!

 

Twitterアカウント

https://twitter.com/ymst_music

2017.12.10 Sunday

TwitterのURL変更など

ブログではご無沙汰してます、

 

TwitterのURLが変更になりましたので、お知らせしておきます。

https://twitter.com/ymst_music

 

さてここ最近は、先月はとあるアイドルさん(シンガーソングライターさん)のライブで、サポートでキーボード弾いたりしてました。

 

とても素敵な歌声の方で、作る曲も素晴らしく、良い勉強させて頂きました。

 

 

その他、合唱指揮や所属バンドのライブ&音源制作に加え、

 

自作曲の発表に向けて、少しづつ準備を進めています。

 

レコーディングはもう終了していて、今は仕上げの段階。

 

まだまだ準備しなければならないことも多いですが、遠からず発表できると思いますので、

 

発表の運びになりましたら、よろしければ聞いて頂ければ幸いです。

 

またこちらでもお知らせさせて頂きます!マリオ

 

2017.09.04 Monday

セッションライブでした

こんばんは。

 

今年は冷夏な印象でしたが、9月になると、さらに一気に秋めいてきましたね。

 

例年この時期は、まだまだ暑い印象ですが。。

 

 

さて先日、9/2はセッションライブでした。

 

イベント自体は多彩で、対バンさんはソロシンガーやアニソンバンド(?)もありましたが、

 

我々はメタル…、イングヴェイのコピバンでした。

 

 

いやぁ凄かった。。。

 

ぶっつけ本番に近いライブでしたが、バンドメンバーの皆さん凄腕で、かけがえのない体験となりました。

 

ギターの方は以前から知り合いでしたが、ドラム・ベース・ヴォーカルさんは、その日はじめてお会いする方達でした、

 

皆さん熱い魂と高い技術をお持ちで、驚異的でした!

 

(もちろんイングヴェイの楽曲も素晴らしく、作曲面・アレンジ面の勉強になったことも言うまでもない)

 

 

大袈裟に言うと、ライブ中、魂レベル・血液レベル・DNAレベルで、自分の全細胞が入れ替わったと錯覚する感じ(?)

 

脳天を突き抜けるような感覚でした。

 

「これだァァァ〜!」みたいな確信や歓喜や感動ですね。

 

 

本番10日前くらいに急遽誘われたので、練習や暗譜に苦戦しましたが、やって良かったです。

 

欲を言えば、もう少し練習期間が欲しかったのと、(キーボードもかなり難しいので)

 

もう何回か、あのメンバーでライブをやって、もっともっと超越的な感覚を味わいたかったですが、

 

でもまあ、「たった一度きり」というのが、名残惜しくもありますが、むしろ逆に心に深く残り、今後の自分の創作に活かせそうな気もしています。

 

とにかく凄かった!

 

 

演奏した中の3曲ほど、本家のライブ動画をアップしておきますので、もしご興味あれば。

 

ギターとヴォーカルが主役的ではありますが、キーボードも非常に美味しいです(笑)

 

ロックオルガンやチャーチオルガンを、これでもかと弾きたおせる曲も多いし、

 

チェンバロでギターとハモったり、高速シンセリード弾きまくったり、ぶっといシンセストリングスで凝った和音進行を満喫したり…。

 

今まで何となく聞いていたけど、実際にやってみると、凝ったアレンジ・構成・展開にも感銘を受け、大いに感涙でした。

 

決して速い・勢いだけではない、むしろブレない不動心や安定感や格調高さも、演奏しながら感じていました。

 

この体験も糧にして、今後も己の楽曲の制作・構築に励みます!

 

 

 

2017.08.31 Thursday

2017.8.31

少し時間が経ってしまいましたが、

 

8/16に更新した記事で、ひとまずエッセイシリーズは終了です。

 

ここ数年に体験したり、感じたりしたことを、今年はずっとエッセイ風に書いておりましたが。

 

ひとまず一区切り、です。クリボー

 

 

 

 

ところでブログやSNSでは、楽しそうなことや当たり障りのないことだけを書く、

 

という使い方も素晴らしいと思います。

 

 

しかし私の場合、ストレスを感じたこと・問題提起したいことなどは、むしろ書くべきだ、発信するべきだと思っているかも。

 

(単に自分の場合はそうしたい、というだけ。そうしない人を否定しているわけではないです)

 

 

もちろん発信する前に、しっかり自問し、

 

それがただの愚痴や不平不満なのか、それとも、建設的な問題提起として他の人ともシェアしたいものなのか、

 

前者の場合は発信しませんが、後者の場合なら、僕は発信したいと思ってます。

 

 

例えば、もしイジメや人種差別などを目撃した場合、、、

 

やはり僕は、「これはおかしい」「これはやめるべき」と発言したいと思う。

 

そういう発言をしない、穏やかで平和的な生き方も、もちろんアリだと思いますが。

 

(※ただし、そういう発言をしたら処刑されるような世の中の場合、そう簡単には発言できないと思います。あと、不用意に発言しすぎて、変な人にからまれて被害を受けないよう、気をつけるべきだとも思ってます)

 

 

 

 

ちなみに、私が「これはおかしい」「これはやめるべき」と感じることには傾向のようなものがあり(笑)、それは、

 

(1)何か一つの見方や感じ方や価値観を、全ての人に共通する真理・正義・常識(良識)だと思い込むこと

 

(2)人や音楽のほんの一面しか見ないで、(時には先入観やイメージで)、その人やその音楽を完璧に分かったつもりになってしまうこと

 

(3)たくさんの人達を、たった一つの共通項で一括りにカテゴライズし、そのカテゴリーの中の人は皆同じだと思い込むこと(※国籍、人種、年齢、職業、収入など)

 

(4)「クラシック=真面目」「ロック=騒々しい」「メール・SNS=心が込もらない」「ゲーム・アニメ=教育に悪影響」「電子楽器=非人間的」「人工・科学=地球や人体に害悪」みたいに、ジャンルやツールで決め込んでしまい、個々の中身・内容を吟味しないこと

 

(5)一つの失敗例や成功例や幸福論などを、誰にでも当てはめて普遍化・一般化してしまうこと

 

(6)誤解・偏見・思い込みに基づいて、他者を見下したり説教したり叩いたりすること(※冤罪とかも含む)

 

 

 

だいたい、そんな感じです。

 

個人的には、上記のような短絡的かつ一面的&理屈っぽい感じは、苦痛でしかない(笑)

 

僕は、「(他者のことは)完璧には分からない」「(何が良いか悪いかは)完璧には断定できない」と、素直に認めていたいと思う。。

 

 

上記(1)〜(6)のようなことは、自分一人で勝手に思い込んでいるなら問題ないのですが、

 

人にまで共感・同意を強要したり、人に押し付けたりするのは、(本人に悪気や故意がなくても)、私はストレスを感じます。

 

 

 

 

どう生きたいか・何を心地良いと感じるかなども、日々、新たに探求していくものだと思っている、

 

なので、道徳的なことや価値観的なことの「完成」や「正解」や「真理」は、いまいち断定しにくいです、(※もちろん個人の意見です)

 

暫定的な「完成」はあり得るけど、永続的かつ普遍的な「完成」「正解」「真理」は、僕は無いのでは?と感じてます。

 

それは自信が無いということではないし、自分の意見を持たない(or持つな)ということでもないですが。

 

 

 

 

こういうエッセイとか書いていると、そこそこ気難しく見られることもありますが、

 

むしろ個人的には、ユルい感じが好きです、

 

この世に完璧な人間などいないし。

 

あまりにも他者の発言や価値感を監視して、まるで鬼の首を取ったように厳しく取り締まりすぎる風潮は苦手です。

 

 

…と言うか、そのように思っているからこそ、

 

考え方・感じ方の正解を断定しすぎたり、他者の内面・性格を断定しすぎたり、人間や音楽のあるべき姿を断定しすぎたりするのが、好きではないのかも。

 

 

何の問題も無いような人を、いちいち難癖つけて非難したり、上から目線で見下したり、

 

「人間や音楽はこうあるべき・こう考えるのが常識」みたいな意見を、他者に強要しすぎる人を見ると、

 

何様のつもり?とさえ思います。

 

(※強要ではなく、推奨や提言くらいなら全く問題無し)

 

 

 

 

もちろん、「絶対に人のことを非難してはダメ・批判してはダメ」ということではなく。

 

例えば迷惑行為・暴力行為・差別思想などは非難して良いと思うし、あまりにも傲慢・独善・怠慢などの言動も、批判しても良いと思う。

 

(※あと、明らかに事実でないことを信じ込んでいる誤解・思い込みなども、非難というか、指摘して良いと思う)

 

 

他者の価値観・見方・感じ方等を、無理してまで認めたり好きになったりする必要もないと思いますし、時には、他者に意見・批判を言っても良いと思いますが、

 

でも、もう少し、人それぞれ自分らしく生きたり感じたりするのを許容してあげても良いのではないか?

 

あまりにも自分だけが正しいと思い込まないほうが良いのではないか?

 

などと感じる時も多いです。

 

 

それは、「人のことを尊重せよ」とか「人のことを思いやれ」とか、そういう感じとも少し違うです、

 

例えば僕は、「食べ物の好みは人それぞれ違う」と思っていますが、それは別に、人のことを尊重しているからでもなく、思いやりで言っているわけでもなく。

 

「人それぞれ違うのが自然だし当たり前」と思うから。

 

価値観や感性や、ものの見方・感じ方・考え方なども、私にとっては同じことです。

 

 

 

 

…しかしながら、我々動物には生来の防衛本能・生存本能があるだろうし、限られた狭量な視野&エゴイスティックなのも自然なことなので、

 

ごく普通の人間であれば、ある程度、無知で利己的で排他的なのは当然だとは思っている、(自分も含めて)

 

 

そういう、人間が生来持っている無知や傲慢や、利己心や排他性や、先入観・思い込みなどを、

 

一切気にしない(or気付かない)のが、人としては度量が大きいとも言えるかもしれませんが、

 

ただし裏を返せば、そういうことに「気付けない(気にしない)」ということは、自分では無意識のまま、誰かや自分自身を傷つけている可能性も高い。。

 

 

 

 

人権や多様性を重んじるあまり、ピリピリして気難しい感じの人間になってしまうのはもちろん嫌だけど、

 

でも何も気づかず、悪びれもなく、無意識的に、差別や強要やレッテル貼りをするような人間になるのも嫌。。

 

 

なので、個人的には…、ほどほどにストイックに人権や多様性を重んじつつ(笑)、

 

同時に、自分を含めて誰しも、無知・偏見・狭量・短絡的・不完全・利己的な部分も持っていることを認め、

 

むしろ、そういうところにも親しみや労りや連帯感を感じる…、

 

(あるいは諦観や受容を感じたり…、時には偏った偏見や誇大妄想に、大いに面白さ・頼もしさ・パワー等も感じたり…)

 

 

そんな感じの心境かもしれません。

 

少なくとも、今のところは。

 

 

(※行き過ぎた義憤や問題提起というものは、独善的になってしまいがちなことも承知しています。なので、そこらへんはバランスというか、常に自分自身をチェックしながら…。意見を言ったり書いたりする時も、「自分は今、ただ単に誰かを責めたいだけではないか?」とか、「自分は今、物事や人物のほんの一例(一面)を見て、それを普遍化・一般化していないだろうか?」とか、「自分は今、自分自身の狭量さも反省しながら意見を言っているのか?」とか、「そもそもこの義憤や問題提起自体、私の偏見ではないのか?」などと、自問しながら…。自分自身に対して、常に疑いや批判精神も持っているつもり)

 

 

 

 

上記のような自問自答を、あえて人目に晒される場で、僕は書き記したいとも思ってます。

 

文章は決して上手くないし無駄も多いしスマートでもないが、そこは、あまり気にしていない(爆)

 

というわけで2017年の1月から、ほぼそういう内容の記事ばかりでした。(あらかた書き終えた)

 

 

 

 

さて、話は変わって、

 

数ヶ月以内に、自分の新しい音楽プロジェクトをお知らせ出来ると思います。

 

たくさんの方の強力な協力を仰ぎつつ、楽曲製作中です。マリオ

 

 

宮沢賢治シリーズ以降は新作をリリースせず、自分なりに色々と探求・勉強・研究していましたが、

 

その成果的なものの第一弾を、お知らせ出来ると思います。

 

何とか今年以内にお届け出来ればと思うのだが…!?

 

 

 

 

【Twitterアカウント】

https://twitter.com/ymst_music